fc2ブログ

デカプーといつも一緒

デカプーのチャ太郎と母さんのまったりとした日常を綴りました。

TOP >  病院 >  去勢手術 4月12日

去勢手術 4月12日

今日はあいにくの雨
コメントをいただきありがとうございました。嬉しかったです。
チャ太郎生まれて初めての試練の日です。
目が覚めたら男の子としてのチャ太郎でなくなってます。
子孫を残してあげたかったですが、どのようにチャンスを作ってあげればよいのか・・わからず、このままの状態では別な意味で可哀想な気がして思い切りました。
何も知らずに喜んでキャリーバックに入り嬉しそうにしてます。

3月31日・・去勢手術の助成補助金の申請書を市役所に郵送
4月10日・・保健所生活衛生課から去勢手術助成事業補助金交付決定通知書が届きました。
     これで術後、3000円が戻ってきます。
     早速、かかりつけの動物病院に電話をして手術の予約をとりました。
    ここで
     どうして去勢手術手術を受けるのですか     
     
病気にかかることもあり、ドックランなどで安心して他の犬にも迷惑をかけることがなくなるからと説明し、
     そのようなことは軽減されるかもしれませんね   
     わかりました。お受けいたします
     というような会話をしました。 
     
     すぐに手術していただけると思っていたのですが、しっかりした目的をもっていないと
     ペットであろうと簡単には手術はしてもらえないということ、改めて感じました。
4月12日・・朝食抜き、いつもの順番が違うのでちょっと戸惑いながら散歩をして、雨で汚れてしまったので、
      シャンプーをして9:10喜んでキャリーバックの中に入り歩いて、動物病院に

先生が食事はしてませんね。
ハイ!
睾丸は2つと確認して、体をやさしくなで、健康ですね。
ハイ!
手術は12時からやります。お迎えは6時以降にということで

先生がチャ太郎をいっぱい体に触れるように優しく だっこされたのを見て、今までの心配がなくなり、お願いしますといって引き揚げてきました。
チャ太郎はトリミングの時のように「なんで~なんで~母さん行っちゃうの~っ」てヒーヒー言ってましたが、、、、帰ってきました。
SN3B0155_convert_20100412164524.jpg6時に迎えに行きSN3B0157_convert_20100412200046.jpg


1か所縫っていますが、自然にとれるでしょう。ということは抜糸に来なくていい!ということで
先生と話しているとチャ太が裏でクンクン泣きだし、先生が連れて来てくれました。
そのチャ太郎はエリカラも付けておらず、いたって元気!

1ヶ月後狂犬病の注射に行く時に術後の様子を診るということで、後は様子がへんだったら連絡するようにと言われ、化のう止めのをいただいてきました。

やはり患部をぺろぺろ舐めるので母さんのストッキングで簡易パンツを作りはかせました。これは
チャ太郎はこれでオカマちゃん 

そして、こんな人間もいましたっけ・・・
EPSON005_convert_20100412121127.jpgEPSON004_convert_20100412121247.jpg
う~んかわいい
EPSON009_convert_20100412121011.jpg
う~ん気持ち悪い~
スポンサーサイト



コメント






管理者にだけ表示を許可する